je2egz’s blog

ごろごろなう



汚れた英雄

角川がバブルの頃に作ったバイク映画で

 汚れた英雄

というのがあります。

草刈正雄が主役で、直後に麻薬の疑いで話題になりました。

 

この映画、ストーリーはいまひとつですが

 バイクの走行シーン

がすごいです。

 

当時のレーサーは、ピーキーなエンジンで、

あのように並んでコーナーに入ると、とても怖かったはず。

 

菅生も当時は高速サーキット(今はテクニカル)で、コーナー入り口で

追い越すなんて、よく撮ったものだとおもいます。

 

菅生といえばヤマハ、テロップには平選手の名前がありました。

 

結局主人公は、国際グランプリで死んでしまうのですが、

当時はバイクブームで、峠道に花が並んでいた時代です。

 

そうです

  時代

がそうだんたんです。

 

二輪の死亡事故が問題になり、免許が厳しくなったけれど、

バイクが良くなってしまって、排気量に関係なく

コーナーは速くなり、勘違いした乗り手が死亡事故。

この映画のフロントサイズは18インチですが、

市販のレプリカはフロントサイズが16インチ。

これに巻き込まれなかったのは、ひとえに

 貧乏

で、オフロードバイクに乗っていたからかな。