je2egz’s blog

ごろごろなう



試験に受かって終わりではなかった

新入生みたいな

 試験に受かって終わり

ではなかった。

 

無線の初めの頃は、みな7Mhzに出るのでも、落成試験をうけて、

おそるおそる電波を出していたそうだ。

 

そもそも、資格はとっても養われているうちは開局しなかったので

そうい状態になればオッケーみたいなところがある。

ヨット、パラグライダー、バイクは早々にやらなくなったし。

 

ところが、無線だけは、やりもしなかったところが妙である。

 

試験を受かって終わりではなく、それが目的とするところを

つまりは、総通を自宅に呼んで合格してこそ、ゴールだった

ところが、アマチュア無線の神髄である。

 

前のJARLの会長がそうでなかったのが、今へんなところで

存在が薄れた要因に思える。

つまり、

 無線したい

以外の見栄みたいなものに走っていたのは笑い話である。

 体を使うARDF 使えない衛星 細かすぎる国内アワード

他にも

 QRP

でしか出ていないとか。

笑っている場合ではなく、落成試験を来年受けよう。

試験に受かっただけでは、なんの足しにもならないからだ。