je2egz’s blog

ごろごろなう



IC-9100バーンイン(144)完了

IC-9100は、4階空き家の3階建てなので、パワーモジュールが3種類入っています。

HFは、買ったその日に火入れしたけれど、回り込みで中断。

同じ日の晩(昨夜)144Mhzは、CQ出して、2局と長話をして火入れとしては

完了しました。

どこで、というと、IC-9100は、最初聞こえないくらいのファンが回っていて

そのうち音のわかるようにファンが回りだします。

その状態でしばらく使って、受信状態で放置して、再びファンが静かになったら

電源を落とす。

 

そうです、この機は、ファンが回っている間に電源を落としてはいけないのです。

 

そうしないと、パワーが出ない、まったくでないというトラブルにつながります。

ファイナル取り換えればいいじゃん、というかもしれませんが、CPUと同じで

ヒートシンクを再利用するのは、至難の技です。

一度飛ばすと、飛びやすくなるのです。

 

長話というのは、QSLカードフェチなので、カードをもらうだけではなく、

送るのも好きだということ。

ICOMファンというのは、信者なので、マイクも純正(一番安いけど)を使う

1000MPが、どんなにうらやましくても、買ってはいけない

IC-7600+IC-9100=IC-7700

という損得勘定をせずに、販売台数に貢献する。

なぜならば、IC-7600+IC-PW

という、さらなる極みにお導きいただけるかもしれないからだ。

 

しかし、

 IC-7700の中古

を買っておけば、こんなことしてないとおもうが、、

IC-9100に関しては、V/UHFは、内部雑音が、異様に低い。

IC-7400のてんぷらを揚げるよう騒音が懐かしい。

しかるに、直下受信アンプが有効とおもわれるが、すでに

純正は販売完了とのこと。