je2egz’s blog

ごろごろなう



ALL ASIA コンテスト

アマチュア無線には、コンテストというのがあります。

決まった言葉で呼び出している局に、決まった番号を答えて、その数を争うというものです。

 

昨日と今日は

 ALL ASIA コンテスト

でした。

 

CQ AA コンテスト

で呼び出す局に、自分のコールサインを言って、とってもらえたら、

59 年齢

を答えれば、ポイントです。

 

とってもらうというのが、ミソです。

 

アジアといっても広く、南はオセアニアも含まれます。

コールサインを確認したら、大声で自分のコールサインを言うわけです。

 

今は日本も1KWの局がいますから、一発でとってもらえる人もいます。

そもそも1KWの局は、出力よりもアンテナがいいですから、アジアなら

聞こえていればとってもらえているようです。

 

さて、自分の場合ですが、免許は1アマでも財布が4アマですから、

屋根と電柱の間に張ったダイポールアンテナに100W入れたところで

なかなかとってもらえるものではありません。

 

それでも、80局くらい、南はパラオ、ニュージランド、半分は中国の

局と交信できました。

これで不満かというと、そうではありません。

出力が100Wだからとってもらえなかったのは、サウスクックだか

ノースクックだかの一局だけでした

これは、よく聞こえていたので、パイル(大勢で呼ぶ)になっていて

あきらめました。株でいうと、上がりすぎて買えないというやつです。

 

14Mhzが8割、この中にはロシアのRTTYコンテストとパラオのRTTYが

あります。

21Mhzは、台風の関係か、過去に比べると閑散としていました。

 

さて、このコンテストの特徴である年齢は、54歳ですが、これは

真ん中のようでした。

この趣味も高齢化が進み、54歳なんて若いほう?

新興の中国は二十歳がいましたから、真ん中と表現しました。

 

減ったなと感じるのは、フィリピン、インドネシアの21Mhz。

老朽化ではないでしょうか。

 

西側のインド、ウクライナなんかは、昔はよく聞こえていたのですが、

これがなかったのは、アンテナが北西向きのせいかもしれません。