je2egz’s blog

ごろごろなう



夏休みが終わってしまったなぁ

この夏休みは、無線を再開してソウルへ旅行に行ったので、充実したものになった。

昨年は、一昨年狂ったようにお金を使って、その分我慢していただけのようにおもう。

その点今年は身の丈の予算で無線と旅行に行ったので、まともといえる。

 

無線は再開するとなると、中古の無線機5万、マイク電鍵電源アンテナ復活で5万で

10万円コースであった。アンテナはさらに拡張したいが、今は屋根が熱いので

準備のみ、アンテナ変更で屋根に登る日は、来週と決めた。

 

ソウルは、日本と近かった。距離的にも生活的にも。

そもそも、ソウル行き、上海行きはバックパッカー時代は近すぎるのと過去の歴史から

寄りたがらないところであった。ところが無線を再開して、その近さから余計に想像力

が膨れてしまい、実際どうか見てみる必要が出てきたものだ。

 

LCCというものができて5年、ソウル2泊の宿付きで4万円と向こうでの食費、

交通費で9千円と5万円で済ませた。バックパッカー時代に比べると贅沢な食事と

ホテルであったが、他の日本人旅行客に比べると質素なものだろう。

 

ソウルの三ツ星ホテルまで地下鉄一回乗り継ぎで行けたことで、交通費は安く

澄んだ。タクシーやリムジンだとこうはいかない。

ソウル市内で歩いて二か所のユネスコ遺産を見て歩いた。

一日一回の日本語ツアーに運よく参加できたので、ユネスコ資産である理由がよく

わかった。王の魂をまつるもの、王が生活したもの、いずれも秀吉に焼かれて

再建して、日本の植民地化で最後の王の妃が日本人だったことなどだ。

 

ソウルは、英語、中国語、日本語を自動販売機まで話すので韓国語で実用になった

のは、店に入るとき

 アニヨン

名前や物のうしろに「です」の

 イムニダ

くらい。バイト君も高学歴なので、ややこしくなると英語または日本語でカバー

してくる。

あと、困っていると何かと親切であった。

 

日本人旅行者も多い。見分けかたは

 色しろ~

 スカート短か~

だと、ソウルの人

そうでないのは、日本人、中国人、それと韓国の地方から来た人だろう。

 

ソウルの街中は、関西でいうと、三ノ宮に近い。

ニコニコして闊歩している感じ。

 

男は背が高くて、ドラマのファッションそのものである。格好いい。

 

テレビはケーブルでインターネットと同じ同軸モデムによる。

高速ではないが、いたることでWifiが使える。日本も駅前ならそうなりつつあるが。

 

LG、サムソンのテレビがインチョン空港のラウンジで幅を利かせている。

4Kの放送を湾曲した画面で見せている。SFの世界だ。

車はヒュンダイトヨタに似ている。

たまにメルセデス

 

首都なので、エリートしかいないからそうなのだろう。

地下鉄でも、関西のよしわだらけの服装の人はいなくて、かならずベルトをしている。

 

監視カメラが多く、FC2がネットから遮断されている。

 

そういったものを短い期間であったが知ることができて、充実した夏休みになった。

 

この後は

 屋根に登ってアンテナ工事 韓国と交信するのだ

 上海に行って、これまた中国と交信するのだ