je2egz’s blog

ごろごろなう



西岡さん

吉岡先生ご推奨の西岡さん

 

西岡さんは、リビングに白いスタインウェイを置いている。

そういう情景を、本当に見たことがあるひとは少ないだろう。

 

本人からそう聞いていて、手伝いに行って現物を見た時には、ほんとうに驚いた。

 

庭を「よしず」で囲っているのを直しに行ったときのことである。

よしずは、コーナンで売られている最大サイズのもので、これを8枚フェンス等に立てかけることで、庭にいても他人の視線が気にならない。

 

とはいえ、女性ひとりで、どうのこうのなるものではない。

初回は大工仕事ができるものが、たてつけている。これの古くなったよしずの代わりに新品をとりつけるのである。

そうした経緯から、一人住まいにしては立派な工具と材料がそろっていたので、一日かかってよしずを取り換えた。

このとき、西岡さんが昼にカレーを作ってくれた。

カレーとはいえ、牛筋肉と玄米、サラダはそれと同じくらいのボリュームがあって、大変美味しかった。それだけで心惹かれる男性もいるだろう。

 

古いよしずを取り除き、新しいものを取り付ける段階になると、針金を通す、それを受け取って返すというように、両面で二人で協力することになる。

こういうときは、大人も童心に帰る。よしず越しにみえる西岡さんの瞳は、キラキラしていて、可愛いものであった。

 

一仕事終えて暗くなったので、芦屋川のそばのお好み焼き屋に行った。お好み焼きが食べたいわけではなく、ビールが飲みたかったのである。

ちょうど、桜の散り初めで、電灯に照らされて舞う桜の花びらが綺麗であった。

 

その後、あの白いスタインウェイとよしずがどうなったかはしらない。